車載ナビとスマホアプリ、どっちが良いか悩む!

車載ナビとスマホアプリ、どっちが良いか悩む!
数年前までは、スマホがカーナビ代わりに使われるなんて思っても見ませんでした。たしかにGoogleマップとかは便利ですごいなあ!と思っていましたが、ここまで機能アップして音声ガイドまで付くなんて・・・また、ヤフージャパンの「Yahoo!カーナビ」やナビローの「NAVIRO(ナビロー)」など、各社からナビアプリが出ていますが、ほとんどが無料で利用できるうえ、車載カーナビには無いメリットがあるので、利用者がどんどん増えているようです。
そこで、今回は車載ナビとスマホアプリのメリット、デメリットを一生懸命考えてみました。

中古車査定NEWS

車載カーナビ(カーナビ専用機器)

メリット

  1. GPS信号が届かないトンネルや、高層ビルの谷間でも利用できる。
    そもそも車の制御ユニットからの信号や各センサーからの信号を利用することができるため、GPSの信号のみを頼りにしているスマホよりも高い精度で情報(地図)を表示することが可能です。
  2. 外見が良い
    ちゃんとダッシュボードに収まっているため(当たりまえですが)違和感がありません。スマホはホルダーなどを別に設置しなければならないため、どうしても違和感があります。ま、慣れてしまえば何てコトないんですが。
  3. ナビゲーション以外にも使える
    これも当たり前なんですが、バックカメラや各種情報を表示したり、エアコンやその他の機器のコントロールや確認を行ったり、テレビやDVDプレーヤーとしても利用できます。また、これらの機能と連携して使えるので、音楽を聴きながら、あるいはDVDやテレビを観ているときも違和感なく音声ガイダンスが流れるなど、スマートに利用できます。
  4. 画面が大きい
    これは機種によっても違いますが、一般的にカーナビは7.0型~9.0型のモデルが多いようです。それだったらスマホじゃなくてタブレットを使えばいいじゃん!と言う声もありますが、タブレットをダッシュボードにホルダーで設置するとかなり邪魔です。見やすい位置に設置できにくいし、設置できたとしてもエアコンの送風口を遮ってしまったり、視界が悪くなったりしそうですよね。

デメリット

  1. 高価
    もう、この一言に尽きます。カーナビ、高いです。高いと言っても値段はピンキリですが、安いモノでは8,000円くらいから売ってます。8,000円と言っても、一応カーナビですからちゃんと音声ガイダンスもありますし、もちろん地図も表示されます。が、クルマと何らかの接続をしてデータを取得するタイプのモノでは無く、ポータブルカーナビと言ってスタンドアローンで利用するタイプのモノですから、GPSのみを利用して位置情報を取得しています。要するにスマホと同じですね。このポータブルカーナビは安価なのが魅力ですが、地図の更新も遅い(3年に1回くらいというメーカーが多いようです)上、精度もイマイチなので、わざわざこのタイプを買うのであればスマホアプリの方が良いですね。と言うか、安さ以外に買う理由ってあるのか!?
    ポータブルカーナビ以外の、一般的なビルトインタイプのカーナビですが、安いモノだと3万円台からあります。高いモノだと20万円オーバーなんてモデルもありますが、所謂高級車専用モデルだったりします。機能的には大して変わりません。
  2. 取り付けが面倒
    自分で取り付けることが出来る人だったら問題ないと思いますが(それでも面倒臭いですよね)、一般的には後付けの場合は、カーナビを買ったお店などに依頼して取り付けて貰うと思います。また、ヤフオクなどで落札して手に入れたカーナビを取り付けて貰う場合には、通常より高い取り付け料が掛かってしまいます。ちなみにオートバックスでのカーナビ取り付け料金は、機種にもよりますが16,200円~となっているようです。(店舗によって違うかも)取り付け時間は約2時間だそうで、結構高いですね。安めの3万円のカーナビを買っても、結局5万円近くなっちゃうんですね。
  3. 盗難のリスクがある
    今でも横行しているカーナビ泥棒。昨年、私の親戚の車もカーナビ盗難に遭いました。ま、スマホだってもちろん盗難のリスクはありますが(置き忘れなどで紛失するコトも・・・)車の鍵をこじ開けられて盗難されるわけですから、鍵も同時に壊されたり、何より気分的にかなり凹みます。
  4. 転売できないことがある
    これはどういう事かと言いますと、車を売却する場合に、その車種専用のカーナビ(メーカー純正)が付いていた場合、カーナビだけ取り外してオークションなどで転売しようと思っても転売しにくいという事です。
    なぜなら取り付けられる車種が決まっている上、純正カーナビは取り付けている人が多いため、オークションなどでも売りにくいのです。
    また、純正のカーナビを取り外して中古車査定を受けると、100%減額になります。
  5. 画面の解像度が低い
    すべての機種に言えることではありませんが、超高解像度が当たり前になっているスマートフォンやタブレットに比べると、カーナビ専用機の画面は、かなり粗い印象です。
  6. 地図データの更新に費用が掛かる場合がある
    これ、実は我が家のクルマのカーナビです。もうかなり前から使っている、古い機種なので仕方ないのかも知れませんが、地図データの更新が有料で、1回につき2万円かかるんですよ。初めの数回は書き換えましたが、そのうちに書き換えなくなりました。だって2回書き換えたらもう4万円。それだけで新しいカーナビ買えちゃいます。ですが、すべてのカーナビで地図データ更新料金が掛かるわけでは無く、機種によっては5年間更新無料とかもあるようです。

アプリ(カーナビアプリ)

メリット

  1. 使い慣れたスマホやタブレットなので、操作が簡単
    普段使っているスマホやタブレットですから、直感的に使えます。
  2. 事前に走行ルートを調べるなど、車に乗っていなくても操作できる
    車に乗ってエンジンを掛けて、カーナビが起動するのを待って目的地を入力してルートを設定して・・・って、この一連の動作、面倒くさくないですか?私はとてもメンドクサイ!エンジンを掛けたら、1秒でも早く走り出したいのだ!その点、スマホアプリなら事前に設定しておいて、車に乗ったらすぐにナビをスタートさせることができます。
  3. 常に最新の地図、最新の情報が利用できる
    アプリなら常に最新の情報をネットからダウンロードするため、最新の地図を利用することが出来ます。また、アプリによってはVICSの渋滞情報や交通規制情報も表示するため、ほぼリアルタイムな情報をピンポイントで把握することが可能です。特に渋滞情報や、工事箇所の情報はとても役に立ちます。
  4. 導入費用が掛からない、維持費用も掛からない。
    普段使っているスマホやタブレットに無料のナビアプリをインストールしますので、費用が掛かりません。我が家のカーナビのような、地図の更新料金も不要、常に最新の地図を利用できます。もちろん有料のアプリもありますが、無料のアプリでもまったく問題ないと思います。
    私のような貧乏庶民にとっては、コレが一番ありがたい・・・

デメリット

  1. GPS信号に頼っているため、精度にバラツキがある
    クルマの様々な制御データを取り込める専用カーナビと違い、アプリはGPS信号とスマホの速度センサーに頼っているため、専用カーナビに比べて精度が落ちる場合があります。ですが、専用カーナビでも100%正確に位置を表示できるとは限らず、また、最近のスマホの性能向上やアプリ自体の性能向上により、スマホのカーナビアプリもかなり精度が高くなってきました。
  2. スマホやタブレットの性能に左右される場合がある
    スマホアプリは日々進化しており、要求されるスマホのスペックもどんどん高くなっています。そのため、古い機種のスマホやタブレットだと、ナビアプリをインストールしても動作しなかったり、動いても遅くて使い物にならないと言う場合があります。カーナビアプリの動作環境をダウンロードする前に確認しておいた方が良いでしょう。
  3. 画面が小さい
    タブレットで利用する場合は問題ありませんが、スマホですと一般的な車載カーナビより画面が小さくなるため、車載カーナビからスマホアプリに切り替えると、初めはとても見にくく感じるかもしれません。
    私も最初「は小さくて見にくいなあ」と思いました。ですが、運転中ずっと見つめているワケではありませんし、音声ナビもありますので、そんなに不便さは感じません。
  4. ついつい運転中に操作してしまう
    これ、一番の問題点です。昨年もポケモンGO!を運転中に操作して事故になった例がありましたが、やっぱり危険ですよね。とは思いつつ、ついつい弄ってしまいがち・・・これはスマホアプリ云々と言うより、ドライバーの問題ですね。

車載カーナビとナビアプリ、結局どっちがいいのか?

我が家の意見で恐縮ですが・・・

まず、更新するのに2万円もかかるカーナビを買ってしまった時点でダメじゃん!というウチのカミさんの突っ込みが聞こえてきそうですが、やはり費用が掛からずに最新のデータを利用できるという点が、スマホアプリの魅力です。上で述べたように、我が家のカーナビの地図データは更新していないので古くなってしまっていて、再開発された場所などを通る時にはまったく使い物になりません。
また、ナビを使うときは、初めての場所に行く場合が多いと思いますが、たとえば家族で旅行に行く出発前にルートを検索して渋滞状況などを調べたり、途中の観光スポットで行ってみたい場所を皆で相談したり、有料道路の料金を調べてお金を用意しておいたり・・・と言った使い方が、スマホだったら簡単にできるのです。その地図をそれぞれのスマホにシェアすることも出来ますので、各々がルートを確認することも出来ます。また、パソコンと連携することもできますから、大きな画面のパソコンで検索したルートをスマホで使うという事もできます。このスマホならではの「シェアする」機能が、結構便利だったりするのです。
というワケで、ウチではもう100%カーナビはスマホです。

外国でもOK!

ちょっとイレギュラーハナシなのですが、前回、兄の居るタイ・バンコクに行った時です。
タイのクルマにももちろんカーナビは付いていますが、日本ほど普及率が高くなく、ここ2~3年に発売された新車でグレードの高いモノが主なカーナビ搭載車なのだそうです。販売台数の多いタクシーに使われているカローラなどには純正以外のカーナビも販売されているようですが、一般的にはカーナビと言えば純正品が多いそうです。ハード的には問題ありませんが、地図ソフトの出来があまり良くないため、評価はイマイチ。ですから、Googleマップのカーナビ機能を利用するのが一般的になっているみたいです。Googleマップの音声ガイダンスももちろんタイ語ですが、ウチの兄はもちろん日本人ですので、日本語の携帯をタイで使っています。その携帯でGoogleマップのカーナビを使うと、ちゃんと日本語でタイの道をナビしてくれるんです!当たり前かっ!バンコクでのGoogleMAP
でもこれ、始めて体験したときはちょっと感動的だったのです。
だって、タイの特殊な道路事情(基本的に右折はせずにUターンして左折や、複雑な一方通行)もちゃんとナビしてくれるのです、日本語で。
ビッグデータを利用して、渋滞情報ももちろんリアルタイム。これが結構正確なんです。
さすがグローバル企業Google! いつも日本で使っている「Yahoo!カーナビ」は、外国じゃ圏外で使えませんからね。
Googleマップが使える携帯さえ持っていれば、世界中何処でもクルマで行けますよ!

中古車査定の場合のカーナビ

昔は高いカーナビが付いていると、中古車査定価格も高くなったりしましたが、最近はカーナビが一般的になってきた事や、スマホアプリの台頭により、高いカーナビを付けているからと言って高額査定が出ることはほとんどありません。(特殊な例で、一部の外国車専用の高価なカーナビは査定額アップになるようですが)
が、純正のカーナビを付けていたクルマを査定に出す時に、純正カーナビを取り外して査定すると、間違いなく減額になります。
付けていても査定額アップにはならないけれど、外すと減額!って、何だか腑に落ちませんが、要するにそれだけカーナビは一般的な物になったと言う事ですね。
ウチでも次にクルマを買い換える時には、もし新車だったら純正カーナビは付けません。我が家の使い方だったらスマホアプリで十分なんです。