予算が無い!サラリーマン家庭の車選び

予算が無い!サラリーマン家庭の車選び

中古車査定NEWS

車を買い替えたい!

我が家の車、もう9年乗ってるんですよ。
いや、まだまだ使えますよ。はい、安心の国産車ですから。
新車で買ったときは「よーし、この車、20年くらい使い倒すぞー!」とか思ってたんですが、だんだん飽きてきますし、細かい箇所の不具合なんかも出てきます。また、子供の成長に従って「もう少し大きい車の方が楽かなあ?」なんて思ったりもしてくるんですね。

この車を買った当時はまだ今ほど軽自動車が流行っておらず、ウチのようなあんまりお金のないファミリー層はBセグメント車を買うことが多かったと思います。今もそうかな?うーん、今だと軽自動車を購入するのが多いような気がしますが・・・

そんでですね、我が家もそろそろ車買い替えるかー!なんて話がチラホラ出始めたんですよ。
が、カネが無い!
何せ地方の中小企業に勤めるサラリーマンですからね、悲しいくらいにカネが無い!
子供の教育費が本当に高いですよ!
いや、特別高い塾に通い通わせてるとか、そんなんじゃないですけど、何でこうも子供関係にカネがかかるのか・・・
少子化になってしまうのも頷けます。
でも車は買い替えたい!
今のBセグ車よりも、もうちょっと車内が広い車が欲しい!
というわけで、車買い替えるぞー!と言いつつ既に1年が経過してしまいました。
もうなんだか面倒臭くなっちゃって、別に買い替えなくても良いか!?と思ったり。
とまあ、こんな調子でダラダラ考えてるんですが、ウチみたいなご家族って多いのではないのでしょうか?

車選びの条件

それでもですね、一応候補車を考えていたのですよ。買うかどうかわからんけど。
条件としては・・・

  1. ウチは夫婦と子供二人、そしておばあちゃんが居るため、5人乗れる車である事。
  2. 今のBセグ車よりも室内が広いこと。
  3. 燃費が良いこと。
  4. 購入費用がすべてコミコミで180万円(できれば150万円)以内に収まること。(ほぼ中古車決定)

1の条件で軽自動車はアウトですね。ほんと、コレ痛い。
軽の中古車で全然十分なんですよ。でも5人乗りは絶対条件ですからね、登録車しか選べません。

2が買い替える一番の理由ですが、これは選択肢が多そうですね。

3は本当に貧乏くさいんですが、やっぱり燃費って気になります。ガソリンスタンドで払う金額って、満タンにするとウチの車で7000円近くなるんですよ。貧乏人にとって7000円払う機会ってあんまり無いですからね、もう、すごく大金を支払ってる気分です。これを何とか少なくしたい!我ながらセコイなぁ。

また、この燃費に関して考慮したいのが「トランスミッション形式」です。
車を選ぶときにトランスミッションの形式を云々・・・って言う人はあんまり居ないかも知れませんが、燃費を気にするのであれば結構重要です。

一番良いのはMTなんですが、スポーツカーなら良いですけど渋滞の街中をトロトロ走るファミリーカーでMTはちょっとキツイですよね。そもそも中古車では見つからなかったりしますし。
このトランスミッションの形式って色々あるんですよ。
車に詳しい方なら常識みたいな事なんでしょうけれど、詳しく知ってる人ってあんまり居ないかもしれませんね。

まず、日本で一番一般的(と思われる)トランスミッションの形式が「CVT」ですね。「CVT」とはContinuously Variable Transmissionの頭文字で、訳すと「無段階変速機」。現在の国産車のトランスミッションのほとんどがこのCVTを採用しているんじゃないでしょうか。ギアをガチャンと切り替えて変速比を変えるマニュアルトランスミッションを階段だとすれば、CVTはなめらかな坂道の様に段がないので、モーターのように加速します。

自動車のエンジンは回せば回すほど力が出る訳ではなく、回転数によって性能の優れたところと悪いところがあるんですね。でもって、その特性ってのが、この回転数では燃費が良くって、この回転数ではトルクが一番出て・・・と言うようにバラバラなんです。CVTは「無段階変速機」ですから、エンジン回転数と車のスピードの関係が如何様にも変化できます(理論的には)。ですから、車のスピードが変化しても一番燃費が良い回転数を保ったまま走ったり、一番トルクフルな回転数で走ったりすることが(理論上は)可能なんですね。

CVTは高速走行になると、構造上の問題から燃費が悪くなりますが、ファミリーカーですから速度を上げて走るコトなんてそんなにありません。高速道路自体もほとんど乗りませんからね。乗るときと言えば盆暮れの帰省の時くらいですが、帰省ラッシュで大渋滞ですからね、全然スピード出せません。むしろ街中で燃費の良いCVTの方がいいんです。
CVTの他に燃費の良いトランスミッションで「DCT」というモノがあります。
これは、MTの豪華版と言ったらいいのでしょうか?ミッションのそれぞれギアを1-3-5速と2-4-6速の組に分け、シフトチェンジ先のギアをあらかじめスタンバイしておくことで、瞬時にギアチェンジをするという機構で、F1レーサーよりも速いギアチェンジ!なんて言われています。が、ギアを2系統用意しておかなければならないので、仕組みが大がかりになりますし、値段も高くなります。欧州車は採用している車が多いのですが、日本車で採用している車って何があったかな?パッと思いつくのが日産GT-R(買えるわけない)、ホンダのフィットやフリードに搭載されているi-DCDくらいでしょうか?このi-DCD、リコールでかなり苦労していましたね。

また、この他に、スズキアルトが採用している「AGS」というトランスミッションもあります。
これは従来のMTにクラッチ操作を自動化する機構を加えた物で、元々の駆動がMTですから燃費は良いに決まってますね。また、軽量コンパクトでMTの機構をそのまま使えることから、フェラーリなんかもこれを使ってますね。フェラ-リなんか純粋なスポーツカーなんだからMTのみでいいじゃん!と思いますが、ATが欲しいユーザーも居るんですね。でもそのニッチな需要の為にわざわざATを設計してパーツも一新して・・・というより、既存のMTの機構を使えるトランスミッションの方が都合が良かったんでしょうね。

ちょっと話が横道に逸れましたが、貧乏な我が家の次期候補車のトランスミッションは、CVT車がいいんでないの?というハナシでした。ま、日本車でしたらほとんどCVTですけど。

意外と選べる低予算

そして4番目の予算。燃費が云々とか言っても、全てコレで決まっちゃうんですが・・・
この少ない予算でBセグよりも大きな車を買うのであればもちろん中古車。
パッと思いつくのがホンダですとフリードかステップワゴンでしょうか?フリードはこの予算だと、2013年(4年落ち)くらいになっちゃいますね。程度が良くて走行距離が少ないタマは、この予算だと2012年・・・結構高いんだな、フリード。
ステップワゴンは「わくわくゲート」搭載車はさすがにまだ高いですね。この予算だとフリードと同じく2012年式とかですね。

日産だったらセレナとかいいですね。調べてみたら中古車相場がフリードより安いんですね。2013年で走行5万キロ、コミコミ140万とかですから、十分候補です。燃費が悪そうなのがちょっとアレですが。でもセレナってやっぱり広くて良いなあ。

トヨタだとノア、シエンタ、bB、ウィッシュとかでしょうか?
ノアはデザインが好きじゃ無いのでパス、シエンタは現行型はまだ高いのでパス、bBだと、2015年式とかでも全然予算内ですね!でも燃費がなあ・・・
ウィッシュも予算内で2015年式が行けそうです。この車、地味だけど結構使い勝手良さそうですね。超没個性ですが。
マツダ車だとプレマシーくらいでしょうか?あんまりタマ数が無いためか、思ったよりも中古車が高めですね。
高年式で安い車もある事はあるのですが、程度があまりよろしくない。加えてこれもウィッシュと同じく超没個性デザインで、買ってもあまり愛着が沸かなそうです。

車よりも大事なモノ

これ以外にもいろいろ候補はあるのですが、今のところセレナか一番有力候補です。
でも燃費が・・・
最新のセレナハイブリッドだったらリッター17km/Lも走るみたいなのですが、400万円近くします。もちろん買えません。
これが8年~7年落ちのセレナC26だったら、程度の良いものでも100万円強で買えますからね。
買う時点で300万円もの差がありますので、この初期投資費用を考えると、多少燃費が良くても元をとるのは無理ですよね。
無理して高い車を買わなくても、中古で古くても良いから家族で使うのにピッタリな車を選んで、余ったお金で子供を色々な場所に連れて行ってあげたり、家族皆で過ごす時間を作って色んな体験をさせてあげること。
この方が絶対に良いと思うのです。

だって、初代セレナのキャッチコピーは『モノより思い出』ですから。
『モノより思い出』