スマートキー搭載の中古車は特に注意!新手の盗難手口「リレーアタック」

スマートキー搭載の中古車は特に注意!新手の盗難手口「リレーアタック」
イモビカッターの被害が報告されて久しいですが、ここに来て最近「スマートキー」を狙った新たな自動車盗難の手口が明らかになりました。

これは最近の自動車に装備されている「スマートキー」のシステムを逆手に取ったような盗難方法で「リレーアタック」と呼ばれています。

リレーアタックの仕組み

スマートキーは、物理的なキー(従来の自動車に付いている、差し込んで回すタイプのキー)でなくとも、スマートキーを持っていてドアノブなどに触れれば、自動車のドアロックが解除される仕組みです。そしてそのままエンジンの始動も可能。
これは、スマートキー自体が常時微弱な電波を発信(1mくらいしか飛ばない電波)していて、スマートキーを持った人が自動車に近づくと、その電波を自動車に設置された受信機で受信し、解錠するというしくみです。
スマートキーと受信機の間で暗号通信しているため、登録されたスマートキーでないとドアは解錠されません。
この「常時微弱な電波を送信している」というトコロがくせ者で、リレーアタックという手口は、電波中継器を持った人間が、スマートキーを持っている人の1m以内に近づき、持っているスマートキーの電波を増幅して(数十メートルの電波が飛ぶようにする)発信します。
遠い場合は、仲間が中継して発進します。
するとその電波を受信した自動車は、ドアロックを解除してしまいます。すぐにエンジンスタートボタンを押せばエンジンが掛かりますから、そのまま発進。どこかの整備場へ持って行ってバラすなり、スマートキーの装置ごと交換してしまえば終了。

すでにヨーロッパでは被害が広がりつつあります

このリレーアタックの手口を再現した動画が公開されています。
レクサスLXが、いとも簡単に盗まれる・・・

もう、笑っちゃうくらい簡単ですね・・・
リレーアタックは専用の機器が無いと行えません。
でもですね、中国でわずか20ドルくらいで、このリレーアタックの装置が売られているのですよ!

メーカーの対応は?

イモビカッターの時もメーカーの対応って「マジで対応する来あるのか?」って思うくらいですよね。
と言うか、しっかりとイモビカッター対策してるメーカーって無いような気がします。
サードパーティー製のイモビカッターキラーが続々と発売されていますが、これってメーカーが率先してやることなんじゃないでしょうか?

今回のリレーアタックも、まだあまり騒がれていないせいか、リレーアタックに関して「ノーコメント」を貫いているようです。まだ日本国内でリレーアタックの表立った被害が報告されていないらしく、知らんぷりをしているみたいです。何だかなあ・・・

特に中古車が心配

これから販売される(とは言ってもちょっと先だと思いますが)新型車には、遅かれ早かれ対策が施されると思いますが、心配なのは現行のスマートキーを搭載している中古車ですね。
「この車種のこの年式は対策されていない」って一発で分かっちゃいますから、リレーアタックが流行ってくると狙われやすくなるかもしれません。メーカーからは、車載コンピューターや通信機をアップデートして対策する方策も示されると思いますが、恐らく費用は自腹ということになると思いますから、あまり対策する人はいないんじゃないでしょうか?(まぁ、何年先のことになるか分かりませんが・・・)

リレーアタック対策、できることは?

このリレーアタックを防ぐ方法ってどうすればいいのか?
要するに持っているスマートキーの電波を受信されないようにすればいいわけですよね。
または、自動車側の受信機を止めるか。
自動車側の受信機を止めちゃったら、今までの自動車と同じで、いちいちキーを鍵穴に差し込んで回して・・・エンジンスタートはどうしよう?? と、なんだか厄介なコトになりそうです。
スマートキー搭載の中古車は特に注意!新手の盗難手口「リレーアタック」だとすれば、持っているスマートキーの微弱電波をキャッチされないようにすればいいんです。
携帯電話の電話を遮断するために(病院に入る場合やペースメーカーの人に接する場合のために)「電磁波シールドポーチ 」というものが売られています。これにスマートキーを入れて持ち運べば、電波が外に漏れることはありません。自動車に乗るときにいちいち取り出すのが面倒ですが・・・
また、まだ少数ですが、リレーアタックの対策パーツが専門ショップから発売されているようです。どんな物か、実際に見たわけでは無いので何とも言えないのですが。

イモビカッターの場合もそうですが、対策してもすぐにそれを破る手口が出てきてイタチごっこ状態ですよね。まだ日本では広がっていないようですが、これだけ話題になっていると言う事は、既に被害が出ている可能性が十分考えられます。
自動車から降りたときに、不自然に近づいてくる人や、後をつけてくる人がいたら要注意!
すぐに車を確認してください!