ネットオークションで中古車を買ってはいけない、絶対に!

ネットオークションで中古車を買ってはいけない、絶対に!
メーター改ざんや事故歴隠し・・・
色々な手を使って悪徳中古車販売業者は粗悪な中古車を売ろうとします。
その売買の温床となっているのがネットオークションでの中古車販売です。

その中でも私が知り合いの中古車販売業者から聞いた怖ーい話をひとつ。

Aさんはある中古車を探していました。
その車はいわゆる高級車で、発売から3年が経過していましたが、人気の車種なのでなかなか中古車価格が下がりません。
毎日のように中古車雑誌などを見て探していましたが、予算内に見合う中古車は見つかりませんでした。
ある日、ネットオークションで検索してみると、探していた車が見つかりました。
走行距離も多くなく、ネットに掲載してあった写真で見る限り状態も良さげです。
そして何といっても販売価格が相場よりも80万円以上も安かったのです。
Aさんは「ちょっと安すぎないか?」と思ったのですが、海外に移住するためにすぐに売却しなければならず、格安で出品と書いてあったのを信用して落札してしまいました。

出品者はAさんの自宅よりかなり遠方でしたが、一日でも早くその車を手に入れたかったAさんは、翌日に新幹線に乗って車を引き取りに行きました。
無事に車を引き取り、長距離を運転して自宅に戻り、「良い買い物をした!」と喜んでいたのですが・・・

その2日後、Aさんのアパートの駐車場に停めてあった車が忽然と姿を消してしまいました。
盗難に遭ったのです。

その車はまだ現行車で、しかも高級車ですからイモビライザー付いています。

警察に届けましたがあまり進展は無いようです。

ここまでは良くある自動車の盗難事件なのですが、詳しく話を聞くとかなり怪しいコトになっていたのです。

Aさんが遠方の出品車を訪ねて車を引き取りに行ったとき、車のキーはスペアキーを渡されました。
メインキーは紛失してしまったと言われたそうです。
また、車の名義人は出品者では無く、出品者の友人だったそうです。この出品者は、海外に居る友人に頼まれてその車を代理出品しただけと言っていたそうです。

いやぁ、怪しいですね!

メインキーは無くしたと言っていたそうですが、もしそのメインキーが存在していたら・・・

結局その後、その車が見つかったのか、また、犯人は見つかったのか、警察がどのように動いたのかは話してくれた業者さんも知らなかったのですが・・・

例えば、その車の最初のオーナー(車検証の名義人)が海外移住のために住民票を住民台帳から抜いてしまったとします。
でも車検証にはその最初のオーナーの名前が記載されています。
名義変更の委任状などをある第三者に渡しておきます。
そして第三者が車を売り、メインキーは保持していて、売った人にスペアキーのみを渡します。
すぐに委任状を使って名義変更を済ませます。
後日、その車をメインキーで動かして盗み、すぐさま中古車輸出業者などに転売します。

こうすれば車の足取りは消えてしまいます。

これはあくまでも推測なので、本当にこのような事を行ったのかは分かりませんが、かなり怪しい事件だと思います。

ネットークションで中古車を購入するのはとてもリスクがある事だと思います。
もちろんすべての出品者が悪いことをしているわけではありませんが、手口もかなり巧妙になっており、騙される人が後を絶ちません。

「君子危うきに近寄らず」


ネットオークションでの中古車売買には手を出さない方が賢明だと思います。