タイランド インターナショナル モーターエキスポ2016 その3

タイランド インターナショナル モーターエキスポ2016 その3
タイランド インターナショナル モーターエキスポ2016のレポート、その3です。

三菱

三菱の目玉は、プロトタイプのSUV「MX CONCEPT」ですね。
インドネシアモーターショーで一足先に展示されていましたが、その時はかなり注目を浴びていたようです。

ひときわ高いステージ上に展示されていた実車は「触っちゃだめ!」と言われてしまいまして、遠くから写真を撮る事しかできませんでした。インテリアとか見てみたかったのになあ。
このMX CONCEPTですが、2017年10月からインドネシアで生産が決定しているそうです。
インドネシアモータショーでの写真を見たときは「結構良さそうだなあ」と思ったんですが、実車を見ると「ちょっとビミョー」でした。
もう少しコンパクトだと思っていましたが、結構デカい。
そのせいか、あんまり新鮮さを感じないというか、確かに流行のデザインで尖ってるんですけど、なんかこう、パッとしない。
違うカテゴリーのクルマですが、ホンダの新型シビックの方がデザインのバランスが良くて、熟れている感じがしました。
まぁ、MX CONCEPTですから、まだコンセプト段階のデザインなんでしょうね。
市販までにもっとデザインを突き詰めてくるでしょう。
これ、タイでも売るんでしょうか?
売れ行き好調なパジェロスポーツと被っちゃうと思うのですが。
ちなみに展示車はミラーレスでしたが、これも実用化できるんでしょうか。
三菱のこれ以外の展示は、売れてるパジェロスポーツとトライトンというピックアップトラック、小型車のミラージュとセダンのアトレージなどでした。
しかしミラージュって平凡なクルマになっちゃいましたね。
タイで販売されている他車のBセグメントカー(HONDA JAZZやMAZDA2、Ford Fiesta)と比べて、本当に野暮ったいと言うか、地味~な感じです。売れてるのかなぁ、コレ。

スバル

スバルって、タイでも販売してるんですね。知りませんでした。
XVが結構売れているそうです。
日本ではインプレッサXVという名前ですが、タイではXVのみ。
価格は日本円で約400万!高いですねー!
しかも、スバル車なのにアイサイトが付いてないんです!
他の車種もすべてアイサイト無し!
まぁ、技術的な問題なんでしょうけれど、それなのにこの値段って・・・
アウトバックなんて800万円くらいします。インプレッサWRXなんて1千万円超えですよ!
いやあ、ビックリしました。

いすゞ

日本では2000年に乗用車販売から撤退したいすゞ自動車ですが、タイのピックアップ販売では、トヨタハイラックスの次に売れている人気車種D-MAXが好調です。
このD-MAX、なかなかカッコイイんですよ。
一番の売れ筋だけあって、Xシリーズというちょっとカスタムカーっぽいモデルもあったりして、タイ人の心をがっちり(特に農村部のおじさん)掴んでるようです。
装備のワリに価格も安く、この点も人気の理由らしいです。

その他メーカー

その他、ポルシェ、ジャガー、アストンマーチン、ローバー、ロールスロイスなどが出展していました。
この辺のクルマは日本で販売されているモノと同じだと思いますので、とくに目新しいモノは無いかと思います。
ただ、タイで購入するとべらぼうな関税が掛けられて、もの凄い販売価格になっています。
カイエンなんか、一番安いモデルでも日本円で2000万円オーバーですからね。
それでも街中でちらほら見かけましたし、タイ人のお金持ちってどんだけ金持ちなんだよ!

« 1 2 »

オートバイ

自動車関係は自粛ムードいっぱいで、どのブースも地味な展示でしたが、オートバイ関係は多少元気がありました。
タイは近年、大型バイクの需要がかなり伸びているらしく、どのブースも賑わっていました。